ペット保険に救われた話

私は以前一度友人と一緒に、15年飼っている猫の病気を診てもらいに 獣医さんに行ったことがあります。 その時驚いたのは、その費用が高額なことでした。
友人はペット保険に入っていたため、負担は軽減されましたが 「もし保険にはいっていなかったらぞっとする」と話していました。

私がペットにも人間でいるところの健康保険があることを知ったのはその時です。
人間が病気や怪我をするように、ペットも生きている限り 病気にもなりますし怪我をしてしまうかもしれません。 そのときにもし高額な医療費が発生するとしたら ペットを病院に連れて行くのをためらうでしょう。
実際なかなか病院に連れて行けなくて、病状が悪化するケースもあるようです。

ペットは大切な家族の一員で、かけがえのない存在です。 大事な家族が病気や怪我で苦しんでいるのを見るのは、 きっと耐えがたいと想像します。
公的医療制度がないペットには、保険会社が提案するペット保険を利用することをおすすめします。
もしもに備えて、可愛いペットに保険をプレゼントするというのは 素敵なアイデアですね。

ペット保険といっても様々です。保険会社から沢山提案されていますので ご自身にとってベストの保険を選んでみてくださいね。
ペット保険に救われた友人は、その後追加で飼った猫にも もちろん掛けていました。キレイモキャンペーン

PAGETOP